てりーの「20歳の自分に伝えたいブログ」

てりーが「20歳の自分」に伝えたい考え方や知識を綴っています

【朝起きれない】朝起きるのが楽しくなる魔法

朝起きるのが辛い。もっと寝ていたい。

可能ならいつまでもベットにいたい。

 

毎日降ってくる24時間という時間があまりに長い。

何して過ごせば良いのか分からない。

 

TO 朝起きれない、無気力な20歳の自分

 

こんにちは、てりーです。

 

冬の早起きは辛いですよね。

お布団の中でぐずぐずしてしまって気がついたら10時を過ぎている事も。

 

そして朝なかなか起きれない自分があまり好きになれなくて

どんどん自己嫌悪に浸かっていきます。

 

ぼくはこの悪循環にハマるので冬が嫌いでした。

でも冬は確実に毎年来ます。

 

寒くなったら活動したくなくなるのは人間の性ですが、それは誰しも一緒です。

だからこそ、冬でも役立つ朝起きるのが楽しくなるとっておきの魔法を伝えます!

 

 

朝起きるのが楽しくなる魔法は 今日という日に「夢中」になる事です!

 「なんだよー精神論かよ!」という声も聞こえますが、騙されたと思ってもう少し話を聞いて行ってください。

 

そもそも夢中とは

f:id:terrywatson:20190109154254p:plain

 

 夢の中と書いて「夢中」。

夢の中にいるぐらい、それに心奪われている状態のことを言います。

 

寝ている時って「良い夢で醒めたくなかった!」って思う事が時々ありますよね。

その夢ぐらい現実でワクワクするものに出会える事。それに没頭する事をぼくは「夢中」だと思っています。

 

 夢中になったら寝ている場合じゃない

僕の人生でも夢中になれていた時期がいくつかあります。

 

サッカーにハマり始めて、毎朝6時から近くの公園でリフティングの練習をしていた小3の日々。

ドラクエ5にハマって親が起きるより前に起きて少しでもストーリーを進めたいと思った小6の日々。

成績がどんどん伸びているのが実感できて楽しかった中3の受験期。

 

どの日々も「夜寝るのがひたすら惜しくて、早く明日になってほしくて。朝起きるのが待ち遠しいくて、今日が終わってほしくなかった」

 

ちょっと過激なことを言うと、夢中になれない今日は生き地獄だとさえ思っています。

待ち遠しくない朝で迎えた1日は生きた心地がしないことが多い。

今日のやる事は決まっていてもワクワクする事は1つとしてない。

 

だから今、朝が待ち遠しくないなら、とにかく日々に夢中になってほしい!

夢中になるものがない事はとてもつらい事だから。

ここに夢中になるための魔法を書くので、騙されたと思ってとりあえずやってみて下さい。

 

夢中になるになる魔法

夢中になる事は小説にハマる事と似ているとぼくは思っています。

 

小説を読み進めていたらある地点から急にページをめくる手が止まらなくなり、周りの声も気にならなくなる。そして気がついたら読了している。

あの感覚が夢中になるという事なのです。

 

 なので、面白い本に心奪われるように現実でも夢中になれる物を見つけていけば良い。

 

①やりたかった事を書き出す

これは小説でいうと気になっているものをリストアップする段階です。

そうする事で自分がどのジャンルに興味あるのか、と行った事を知ることが出来ます。

 

やり方としては、自分の人生の中でやりたい!と思っていたものを書き出そう。

数は何個でも良いが10個だと少なすぎます。

 

時間があるなら100個書き出して欲しい。

そのぐらいの数を書く事で自分の中でやりたいなーと思っていた些細なことまで書き出せるのでスッキリするからです。

 

これは前に「やりたいことリスト100」という題目でぼくが書いたものなのでぜひ参考にして欲し下さい。

www.terryblog.tokyo

 

②今月から始める事を決める

さて、やりたい事を書き出したら次はその中から今月に始めたい!ってものを選んで下さい。

 

小説をリストアップしたらその中から特に今すぐ読みたいものを何冊か実際に購入する感覚です。

多すぎるとパンクすることもあり得るので、3〜5個ぐらいを目安とすれば良い!!

 

ここで重要なのは今月で出来そうな事を選ぶのではなく、始めてみたいものを選ぶ事だ!「とにかく手を出してみたい!」って思ったものからやり始めて下さい。

 

ぼくの今月から(2019年1月執筆)

・体脂肪率10%以内目指す

・ラップの大会で優勝する

・月収50万

を始めてみます!

 

③小さく始める

ここがポイントです!多くの人はいきなり夢中になろうと考えます!

しかしそれだとせっかく始めたやりたい事が期待外れなってしまいやすいのです。

 

小説で考えると分かりますが、最初っから読むのが止まらないような小説は本当に一握りです。読みたかったからといって変に期待を大きくしすぎずに、少しずつ読み進めていくと徐々にハマっていきます。

 

やりたいことも夢中になりたかったら小さく初めて、自分の好奇心に火がつくのを待ちましょう。

最初から達成しようと計画を立てなくても大丈夫です。

とりあえずやってみれば良いのです。

 

1回で辞めてしまうと何事も楽しさを感じなくなると思うので、1ヶ月ぐらい続けてみましょう。

 

ぼくの今月始めることだと

・体脂肪率10%以内→近所にジムに友達と1ヶ月契約

・ラップの大会で優勝→知り合いのDJさんのイベントでフリースタイルラップする時間を2回ほど貰う

・月収50万→営業の仕事を案件をいくつか持って始めてみる

 

ぐらいな感じで考えています。

 

 ④ワクワクしたものだけ続ける

③で試しに小さく初めてみたものを1ヶ月続けてみます。

そして1ヶ月後にワクワクしたなーってものだけ続けます!!

 

小説でもどれだけ好きな作家でも。どれだけ面白いと巷で有名な小説でも面白くなるまで我慢し続けるのは良くないです!!

 

ぼくは1ヶ月でラインを引くことにしています。

どれだけやりたいと思っている事でも、その過程もひっくるめて楽しめなければ夢中になれないと思っているからです。

 

なので1ヶ月でワクワクしなかった事は容赦なく切ってください。

ワクワクするものにだけ自分の時間を使いましょう。

 

⑤目標を定め突き進む

④までの過程を踏むと今の自分にとって夢中になれることが見えてくると思います。

このタイムングでぼくは目標を定め、計画を立てることをお勧めします。

 

それをやり続ける事で何を成し遂げたいのか?それをいつまでに何遂げたいのか?

というゴール設定から始まり、ゴールから逆算した毎月の目標まで落とし込みます。

この時ぼくは「合格体験記」という手法で目標への計画を立てています。

www.terryblog.tokyo

 

夢中になるために目標は必要です。

目標は自分自身のライバルになってくれます。そんなライバルに負けたくないから日々寝る間も惜しんで頑張れるのです。

 

このようにして夢中になれるものみつけ、育て、ワクワクする日々を手に入れてください。

 

夢中になれるものを失ったら

①~⑤までしっかりやって夢中になれるものを見つけたとしてもふとしたことから、夢中になれなくなってしまう事があります。それが外的要因のこともあるし、内的要因のこともあります。

 

サッカーなら大怪我でプレーできなくなって、サッカー選手を目指せなくなる。

ゲームなら途中のボスが強すぎていくらやっても勝てなくて萎えてしまう。

 

そうなってしまっても自分をあまり責めすぎないでください。

また新しく夢中になれるものを探せばよいのです。

 

また①~⑤を繰り返してください。また夢中になれるものを見つけてください。

 

日々をワクワクして生きる為に重要なのは何かに「夢中」になっている事。

夢中になれるものは自分の人生なのかでいくつもあって、それに夢中になるための再現性の高い方法が①~⑤なのです。

まとめ

・朝起きるのがつらいのは、夢中になれるものがないから!夢中になる方法を身につけてワクワクする日々を取り戻そう!

 

てりー。

 

よかったらツイッターもフォローしてね。

twitter.com