てりーの「20歳の自分に伝えたいブログ」

てりーが「20歳の自分」に伝えたい考え方や知識を綴っています

CHEHONの凄みがモンスターを蹴散らす!【フリースタイルダンジョン2019年1月15日】

戦極U-22の予選に意を決して初めて参加した時は1回戦で高校生に負けた。

さらにエントリーネームが他人と被って改名を余儀なくされるというトラブルにも見舞われて散々な体験だった。(正確にはMCネームをカタカナに変えられた)

 

一緒に参加したクルーの試合はどちらも歓声が上がらず、MC正社員さんの判断で両者敗退という残酷すぎる現場だった。

 

 「MCバトルには出たいけど、めちゃくちゃ怖え。」

f:id:terrywatson:20190106221914p:plain

初めましての人も、久しぶりの人も。

こんにちは、てりーです。

 

実はラッパーもどきの一面も持ってるので、今回はそっちのお話をします。

 

フリースタイルダンジョン2019年1月15日の放送分についてです。

 

 

この記事の楽しみ方

2019年1月15日のフリースタイルダンジョンを視聴して考察を考えたい人。またラップの関連知識をつけて毎週の放送をより楽しみたい人

 

「みどりの男」CHEHON来襲!!

f:id:terrywatson:20190120215627p:plain

音源がイケてるアーティスト

CHEHONは日本のレゲエ界の大御所である。

フリースタイルダンジョンでも紹介されていた代表曲は「みどり」。

 

www.youtube.com

 

「俺の愛した相手の名前はみどり〜」というフレーズが有名な曲だ。

ちなみにこの「みどり」。

最初聞いたときは「元カノの名前かなんかかなー」と思ってたら、知ってびっくり大麻の隠語である。

 

こういう粋な仕掛けがREGGEA界で一躍スターダムに上がっていった要因の1つかもしれない。草ネタ好きなラッパー多いしね。

 

ぼくがCHEHONの曲で好きなのは「痛快エブリデー」

ヒッチハイクしている時に乗せてくれた車で流しまくってた思い出の曲です。

www.youtube.com

 

この曲はredeyeが第12回高校生ラップ選手権のvs TERUの延長戦でサンプリングしたことで有名ですね。

「自然と大地の恵みでー」「甘いようで辛い内容で」。R-指定もノリノリだったので印象的でしたね。

 

f:id:terrywatson:20190120204015p:plain

 

1st battle CHEHON vs ACE

結論から言うとCHEHONはACEと嵩勲をなぎ倒します。

1st round CHEHONが空回るが辛勝

まだCHEHONも調子が上がってなかった印象。しょっぱなからネタをガンガンに使いますトークで始まり、2バース目は「俺に負けたからって引退すんな」「あげるから唐揚げ」など全く噛み合わないネタを披露。

それでも会場が沸いているのは、CHEHONの圧倒的なステージングやオーラ、声の格好良さによるものですね。

 

それに対してACEは即興でアンサーをしながら、韻を踏んでいきます。

決して悪くない60点ほどの出来。冷静に審査すれば、クリティカルじゃないにしてもACEの勝ちかなーと思うところですが、結果は3-2でCHEHON

 

大御所だし、1発クリティカルで退場は悲惨なので、ちょっと下駄を履かせたと言う印象でした。

 

f:id:terrywatson:20190120220443p:plain

2nd round 徐々に温まってくるCHEHON 決定打が打てなかったACE

2nd roundでも先行をとったCHEHON。

ナイチンゲールまでの件は完全にネタなんですが、それでも悪びれることなくしっかりとやりきっている事で一定のかっこよさを見せます。

 

1st roundで「おれたちはネタや仕込みをガンガンに使いこなす」って最初に言ったので、誰がどう見ても「ネタだろ!!」っていうバースを吐いてもDisられないのは強いなーって感じ。

 

対するACEは淡々と韻を踏みながら、アンサーを返していきます。

字幕で見たり、youtubeで見返すとACEはアンサーもちゃんと返せていて、韻も即興で踏めてるのでいい出来です。

 

CHEHINの「敗北に」を拾って「2人揃った外国人」で返したのは惚れ惚れします。

意味も韻も、ユーモアも効いていて。

 

ACEは決定打が出せなかったのは勿体無い!!

これだけ即興でいいラップをしながら勝てなかった理由は決定打を打てなかった事。

「大御所CHEHONをもっと見たい!」という会場の空気を味方につけるだけの説得力のある決定打が打てなかった。

それが「ACE悪くはなかったよね」ぐらいのふわっとした感じで散ることになった要因だと思います。

f:id:terrywatson:20190120220602p:plain

 

2nd battle CHEHON vs 嵩勲

この試合もCHEHONが勝ちました。

1st round 調子の出てきたCHEHON

この試合からCHEHONの調子が一気に上がります。

持ってきたでネタでしっかり韻を踏みながら、その前のAICHINとのバトルについて触れたりと即興も混ぜる余裕も出てきます。

 

それに対して嵩勲も即興でアンサーに韻に小気味よく決めていきます。

がしかし、CHEHONのネタと即興のバランスの絶妙さに屈して4-1でCHEHONに軍配。

 

2nd round CHEHON遂に覚醒!!

本日のベストバウト

1st roundから徐々に即興のテイストを入れてきていたCHEHON!

2nd roundでは一気に即興の要素を強めます。

 

まずアンサーから入り、その上でトップオブザヘッドで踏んでいく感じが気持ちよすぎる文句なしのクリティカル!!

 

特に2バース目の完成度が高いです。

 

「んー いまいち 何言ってるのかわからない てかつまらない 穴だらけボコボコ まるで蜂の巣の駆除 ぐちょぐちょに駆除してやるよ!」

「苦情1つもない おれはsilent killer 今日はお前の敗戦日だー 観念しなそこの2枚舌 お前より努力は2倍した」

 

ぶっちゃけネタだったとしてもこれだけ、バッチリ決めたら文句のつけようがありません。

まず前のバースの嵩勲の最近の件から最後急に「俺のアルバムには残らない」的なことに話が飛んだことに対して、「よく分からない!」という的確なアンサーをした事でその後の言葉の説得力が一気に増しました。

 

次に「グチョグチョに駆除してやるよ」とケツで過激な言葉を吐いてバイブスの高さと攻撃性の宿ったDisを決めます!ここで意味がもっと分かりやすく刺さっていたらパンチラインになってたかなーって感じ。

 

ここまで即興感を出しながらバースを蹴ったことで、その後の「silent killer 敗戦日だ」「2枚舌 2倍した」のそこだけ見たら完成度の高すぎる韻も前半の即興が効いているのですっと入ってきます。

 

ERONEさんもぶち上がってます!笑 

f:id:terrywatson:20190120220739p:plain

 

流れもスムーズだったし、最後をしっかりと綺麗な韻で落としたので会場もしっかり湧きました。やっぱステージングのうまいラッパーは魅せ方が上手く沸かせどころが分かり易いなーって思いました。

 

来週の見どころ

来週は呂布カルマと対戦っぽいですね。

キビシー。

それでもCHEHONのREGGEAの腕は本物です。今回の最初は少し不安に感じましたが徐々に調子を上げてきて、嵩勲は完全に惨殺!

 

最高の形で今回を終えたと思います。

本来のCHEHONは言葉の荒々しさが売りなので、次回は呂布カルマとは互いタダでは済まないぶっ刺し合いになるんじゃないかなーと思って期待してます。

 

来週までにみんなもこれ見てCHEHONへの期待値を上げてきましょう

www.youtube.com

 

てりー。